クレジットカードの審査に落ちる理由を紹介、の続き

総量規制が影響している

2010年6月に総量規制が施行されました。
これはお金の借りすぎによる自己破産などを防止するために、誕生した法律です。
当時はサラ金などからの借金により自己破産や、人生が狂わせられる自体が相次ぎ、社会問題となっていました。
そのため法律により、借りられる金額を制限することになったのです。
総量規制後は年収の3分の1までしか、借金ができなくなりました。

クレジットカードのショッピング枠は、総量規制の対象外です。
ショッピング枠は、年収の3分の1以上でももらうことができます。
しかし総量規制のために、クレジットカード審査に落ちることがあります。

それはクレジットカードに、ショッピング枠を付けた場合です。
クレジットカードで総量規制の対象外となるのは、ショッピング枠のみです。
キャッシング枠は総量規制の対象となります。
クレジットカードのキャッシング枠が年収の3分の1以上になると、審査に通ることは不可能ということになるのです。

自分の年収から、もらえる最大キャッシング枠を算出してみましょう。
年収120万円なら40万円、300万円なら100万円、600万円なら200万円まで、キャッシング枠をもらえることになりますね。
次は自分がすでに持っている、キャッシング枠を確認してみましょう。
クレジットカードだけなく、消費者金融のキャッシング枠も、総量規制の対象となります。
年収3分の1ギリギリとなっている場合は、キャッシング枠を付けてのクレジットカードは審査に落ちることになります。

キャッシング枠が総量規制に引っ掛かる場合は、キャッシング枠をゼロにしてクレジットカードに申込みをしましょう。
キャッシング枠がゼロであれば、審査に通る可能性はあります。
そしてすでに持っているキャッシング枠を、減らすことを考えましょう。
使っていないクレジットカードのキャッシング枠はないでしょうか。
あればキャッシング枠を、ゼロにするか低くすればOKです。
クレジットカード会社に依頼をすれば、対応してもらえます。
キャッシング枠を増やすのは審査があり希望通りに行くとは限りませんが、減らすのであればそれほど難しいことではありません。

消費者金融との契約があれば、解約をするのもおすすめです。
消費者金融の利用は、クレジットカードの審査ではあまり良い影響は与えません。
お金に困っている証拠となり、審査に落とされる原因にもなってしまいます。
今後使用する予定がなければ、解約してしまった方がスッキリできます。

無職である

クレジットカードを発行するには、返済能力が必要となります。
それには収入がなければなりません。
収入がないと、クレジットカードの審査には通らないことになります。
無職がクレジットカードの審査落ち原因となるわけです。

・無職だけど親がお金持ち
親がお金持ちなので、働く必要がない…という人がいるかもしれません。
それでもクレジットカード審査に落ちるの?と思ってしまいますね。
しかしこれは正確にいうと、本人に返済能力があるわけではないでしょう。
返済能力があるのは親ということになります。
クレジットカードを発行する本人には返済能力がないので、審査には落ちてしまいます。
親がお金持ちであるなら、親のクレジットカードで家族カードを発行してもらえば良いでしょう。
家族カードの利用分は親に請求が行きますので、お金持ちの親が支払いをしてくれます。

・無職だけど不動産収入がある
不動産収入があれば、クレジットカードの審査に通る可能性はあります。
無職とはいっても収入があれば、不動産業と名乗っても良いでしょう。
全く収入がない完全な無職とは異なり、クレジットカードを発行することはできます。

・専業主婦である
専業主婦は家事や育児が仕事ですが、それでお給料をもらえるわけではありません。
無職ということになり、収入がないことになります。
これだとクレジットカードの審査に通るのは、難しいと思うでしょう。
ただ専業主婦は、クレジットカード審査に通ることはできます。
本人に収入があるだけでなく、配偶者に収入があれば、発行できるクレジットカードがあります。
こういった発行基準のクレジットカードであれば、旦那さんに十分な返済能力があれば専業主婦でも審査通過ができるのです。
スーパーや百貨店などが発行する流通系のクレジットカードや、専業主婦でも発行しやすくおすすめです。

・年金で生活をしている
年金生活者は年金が収入になるかが問題となります。
この判断はクレジットカードによります。
審査の甘いクレジットカードであれば年金のみの収入でも、審査に通過できることがあります。
ただ年金生活者は、高齢であることがネックとなり審査に落ちることがあります。
高齢になると今後収入が増える可能性は少ないでしょう。
また病気になる可能性も高く、お金がかかることが考えられます。
支払いができない…となることもあるでしょう。
そのため高齢になるほど、クレジットカード審査には落ちやすくなってしまいます。

社内ブラックになっている

クレジットカードの使い方が悪いと、クレジットカード会社からの印象が悪くなってしまいます。
最悪要注意人物としてリストアップされてしまい、「社内ブラック」となります。
社内ブラックになると、そのクレジットカード会社では新規契約ができなくなります。
何度申込をしても、審査に通らない…となってしまうのです。

社内ブラックになる理由はいくつかあります。

・ブラックになる行為
延滞、滞納、債務整理、自己破産など、個人信用情報上でブラックとなる行為は、社内ブラックになります。
個人信用情報では年数が経過すればブラック情報が消えますが、社内ブラックは永久的なので注意をしましょう。
一度なってしまうと、社内ブラックから抜け出すことはできないのです。

・クレジットカードの規約違反
クレジットカードの貸し借りや、名義貸しなどが判明すると、社内ブラックとなります。
クレジットカードは、申込みををした本人のみが利用できるものです。
他人と貸し借りをしたり、名義を貸したり…といったことはできません。

そして近年増えているのが、クレジットカードの現金化です。
クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠で現金を借りる行為です。
現金化を行っている業者は法律的には問題ない行為としていますが、法律すれすれのグレー感は否めません。
それにクレジットカード会社では、現金化をするのは禁止しています。

規約違反となる行為がクレジットカード会社にばれると、強制解約となってしまいます。
利用分を一括返済を求められることもありますので、注意をしましょう。

・返済遅延をくり返す
短期間の返済遅延では、個人信用情報上ではブラックとはなりません。
2か月~3か月支払いが遅れると、個人信用情報に返済遅延のマークがつきます。
ブラックにならないからといって短期間の返済遅延をくり返すと、社内ブラックになる可能性があります。
クレジットカードは支払日にきちんと支払うのが当たり前です。
数日であっても遅れるのは良くないことですし、何度も繰り返すとクレジットカード会社からの信用は失うでしょう。
以降このクレジットカード会社では、審査に通ることはなくなります。

社内ブラックになっている可能性があったら、そのクレジットカード会社は避けるようにしましょう。
審査が甘いと言われるクレジットカードでも、社内ブラックだと審査に落ちると思われます。
他のクレジットカード会社に、申込みをしてください。

在籍確認ができない

クレジットカードの審査の中に、在籍確認があります。
クレジットカードの申込時には、現在の勤務先を記入します。
この勤務先が本当であるかを、確かめるのが在籍確認です。
在籍確認ができないと、クレジットカードは審査に落ちてしまうでしょう。

・在籍確認をする理由は
クレジットカードの申込書にかかれている勤務先が、虚偽であるケースは少なくはありません。
無職だと審査に落ちるので架空の勤務先を記入したり、以前勤務していた社名を記入したりすることがあります。
また収入が多いように見せるために、実際は働いていない一流企業の名前を記入することもあります。
これでは正確な返済能力を審査することはできません。
虚偽の勤務先で申込みをしていないか、クレジットカード会社は確認をする必要があるのです。
ウソで申込みをする人がいなければ、必要のない審査工程とも言えるでしょう。

・在籍確認の方法
在籍確認は申込み時に申請された勤務先に電話をして行います。
勤務先に「○○カードですが、○○さんはいらっしゃいますか」と、クレジットカード会社から電話がかけられます。
本人が在籍していれば本人に電話を代わってもらい、簡単な本人確認を行い終了します。
本人が電話にでられなくても、在籍が確認できれば問題はありません。
電話にでた人が「現在席をはずしております」「本日は休みとなっております」「外出しております」こういった返答をすれば、そこで仕事をしていることはわかりますね。
在籍が確認できれば良いので、これでもOKなのです。
在籍確認は審査の最終段階で行われますので、在籍確認ができればほぼ審査通過できたと思っても良いでしょう。

もし電話にでた人が「そんな者はおりません」「すでに退職しております」などの返答であれば、虚偽の勤務先で申し込みをしていることになります。
この時点でクレジットカードの審査落ちは決定とも言えるでしょう。

・在籍確認は必ずあるわけではない
在籍確認はクレジットカード会社により、あったりなかったりします。
審査が緩いと言われるクレジットカードは、在籍確認なしで審査が完了することが多いようです。
楽天カードやYahoo!JAPANカード、オリコカード・ザ・ポイントなどは、在籍確認がないとの報告が多いです。
ただACマスターカードは消費者金融発行なので、在籍確認は行われるとのことです。
JCBカードや三井住友カードなどの銀行系も、在籍確認が行われることが多いようです。

借入が多い

クレジットカード審査に落ちる原因となるのが、現在の借入状況です。

借金が多いと、その返済に回すお金が多くなります。
収入が多くても、返済額が大きければ自由になるお金は減ってしまいます。
クレジットカードを使っても、支払いができないと審査で判断されます。
その結果審査に落ちやすくなるのです。

・住宅ローンの場合
大きな借金となるのが、住宅ローンでしょう。
住宅ローンは返済金額が大きすぎると、クレジットカード審査に影響を与えることはあります。
しかし多くの場合は、それほど気にすることはないとも言われています。
住宅ローンを利用するにも、審査はあります。
借入額が大きくなるため、審査は厳しいです。
住宅ローンに比べると、クレジットカードの審査なんてちょろいという方もいるでしょう。
それだけ厳しい住宅ローンの審査をクリアしているのですから、十分な返済能力があると考えられます。
それならクレジットカードの支払いもできるだろうということで、審査に通りやすくなることもあるのです。

・消費者金融の場合
消費者金融からの借金は、クレジットカード審査では良い影響は与えません。
消費者金融との付き合いがあるのは、お金がないからということになります。
お金がない状態でクレジットカードを使っても、返済ができない可能性が高いでしょう。
そのためクレジットカードは、審査落ちしやすくなってしまいます。
消費者金融には大手や中小がありますが、特にクレジットカード審査に影響するのは中小の消費者金融との取引です。
消費者金融を利用するときは、まず大手を考えると思います。
アコム、モビット、アイフル、プロミスといった有名どころですね。
それなのに中小を利用しているというのは、大手の審査には通らなかったからと考えられるでしょう。
大手の消費者金融の審査にも落ちてしまう人は、クレジットカードを使って支払いができるとは考えにくいです。
審査には落ちつ可能性が高くなります。

・何社からもの借入がある場合
4社、5社から借入があるのは1社から大きな金額を借りる信用がないので、何社からも少額を借りなければならない状態でしょう。
そのような人にクレジットカードを使って欲しいと思うでしょうか?
思わないですよね。
多重債務をしているような人は、クレジットカードの審査に通るのは難しいと思われます。
クレジットカードを発行することより、まずは借金を減らすことを考えるのが先ではないでしょうか。