多重申込をしているとクレジットカードの審査に落ちる

クレジットカード審査に落ちるには理由がある

クレジットカードは審査がありますので、審査に落ちることもあります。
審査に落ちてしまうと、自分を否定されてしまったようで落ち込んでしまう方も多いでしょう。
しかし落ち込んでばかりはいられません。
クレジットカードを取得するためには、審査に落ちた理由を考えてみましょう。
審査落ち理由がわかり対策を行えば、次に申込をしたときは審査通過できるかもしれません。

審査落ちの原因なんて自分じゃわからないから、クレジットカード会社に聞けば早いのでは?!と思うかもしれません。
これだと審査落ち原因が一発でわかるので、対策もしやすくなります。
しかしクレジットカード会社に聞いても、教えてくれることはありません。
クレジットカードの審査内容については、社内だけのヒミツとなります。
外部に漏れることはなく、本人であっても審査落ち理由を教えてもらうことはできないのです。

そのためクレジットカードの審査落ち原因は、自分で推測をしなければなりません。
いくつかある原因の中から、自分に当てはまるものを探してみましょう。

その前にクレジットカードに申込みするときに、気を付けたいことがあります。
それは申込基準をチェックしておくことです。
「クレジットカードの申込基準なんて、どれも同じようなものでしょ?」という方もいます。
決してそんなことはありません。
クレジットカードの申込基準はそれぞれで設定されているのです。
なので申込みをする前に、必ずどのような基準になっているかを確認しておきましょう。

・年齢は?
クレジットカードは18歳以上で申込みができますが、クレジットカードによっては20歳以上、30歳以上とする場合があります。
また18歳~29歳までなど、年齢制限があるクレジットカードもあります。
年齢が基準を満たしていないと、審査に通過することはありません。
自分の年齢が申込できるクレジットカードを選びましょう。

・雇用形態は?
フリーターでもクレジットカードは取得できますが、正社員のみを対象としたクレジットカードもあります。
アルバイト、パート、契約社員といった非正規雇用者は、申込みができないクレジットカードがあるのです。
公務員や正社員なら問題はありませんが、フリーターなどはここもしっかりチェックをしておきましょう。

申込基準を満たしていないと、せっかく申込をしても審査さえしてもらえず門前払いとなってしまいます。
申込のために使った手間や時間を無駄にするだけですので、注意をしてください。

多重申込をしている

クレジットカードを何枚も同時に申込をすると、審査に落ちやすくなります。
クレジットカードは1人何枚までしか持てないといった決まりはありませんので、同時に何枚か申込をしても問題ないと思っている人は少なくありません。
しかし多重申込となり、すべての審査に落ちる…となりがちなのです。

同時申込が審査に落ちる理由

・お金に困っていると思われる
クレジットカードを急に何枚も必要になる理由は何でしょうか?
クレジットカード会社では、「お金に困っているから」と答えるでしょう。
クレジットカードは現金がなくても、ショッピングをすることができます。
またキャッシング枠を使えば、現金を借りることもできます。
お金に困っているので、クレジットカードが何枚も必要であると判断されるのです。

お金に困っているとしても、クレジットカードは1枚で良いんじゃない?と思う人もいるかもしれません。
しかしクレジットカードは新規発行時は、高い利用限度額はもらえないことが多いです。
10万円程度しかないと、すぐに上限になってしまいますね。
何十万円も何百万円も使いたいので、クレジットカードに何枚も申込をしているのだろう…と審査で思われるのです。

・新規入会特典目当てと思われる
クレジットカードに新規入会すると、ポイントなどの特典をもらえます。
一気に高額のポイントを獲得するチャンスです。
これが目的でクレジットカードに何枚も申込をしていると、審査で思われてしまうことがあります。
クレジットカード会社としては、クレジットカードと使ってくれないと利益になりません。
入会特典だけを目当てにされるのは、ありがたくないでしょう。
入会特典目当てのみでクレジットカードを利用してもらえないとなると、審査に落ちやすくなってしまいます。

・他社への申込ってばれるの?
クレジットカード会社が違えば、同時に申込みをしてもバレないでしょ?と思っている方もいます。
しかし個人信用情報をみれば、他社への申込状況も見れるようになっています。
クレジットカードの申込情報は、個人信用情報機関に登録されます。
審査で個人信用情報を開示すれば、他社へいつ申込をしているかがわかるのです。
多重申込と判断されれば、審査には落ちてしまうでしょう。

クレジットカードへの申込は、半年に1枚ずつが理想です。
人によっては半年で3枚以上審査に通過できたといった例もありますが、確実に審査通過率を上げたいなら半年に1枚がおすすめです。

そもそも多重申し込みって?

クレジットカードの審査に申し込むのであれば、やはりスムーズに突破したいところです。そこで注目していきたいのが多重申込、というものです。クレジットカードの審査で落ちる理由の一つとなっているのが多重申込みです。多重申込みをしてしまうと、実際に審査落ちしてしまうケースが出てくるわけです。

このブログではクレジットカードの審査における多重申込について徹底解説します。クレジットカードの審査を確実に突破したい、と考えている方は必見です。

■そもそもクレジットカードの多重申込みってなんだ!?

・一定期間内に次々とクレジットカードに申し込みを行ってしまうこと

比較的短期間の間に複数のクレジットカードに申し込みを行ってしまうことを多重申込、と読んでいるのです。長い期間内で2件や3件のクレジットカードに申し込んだとしても特に問題はありません。たとえば1ヶ月以内に4件や5件の申し込みを行ってしまうと多重申し込みと認識されてしまうわけです。

問題は多重申し込みの情報が残ってしまうようなことがあるのか、といいう部分でしょう。クレジットカードの多重申込情報ですが、実はバッチリと残ってしまうのです。個人信用情報に記載されるので、確認されたらバレてしまいます。

多重申込みの問題点が知りたい!

クレジットカードの審査でなぜ多重申し込みが問題視されるのかわからない、という方もいるでしょう。たしかに複数のカードに申し込みをしただけでなぜ低く査定されてしまうのでしょうか。多重申し込みによってクレジットカードの審査が難しくなってしまう理由もつながってくることなので、しっかりと確認しておく必要があります。

■多重申し込みをするとクレジットカードの審査に落ちやすくなる理由とは?

・お金に困っていると思われてしまう

多重申込みをするということは「お金に困っているのではないか?」といったことが思われてしまうわけです。本来であれば、一つのカードでも済むはずです。であるにも関わらず、複数のカードに申し込みを行うということは大金が必要な何かしらの理由があるのではないか、といったことが勘ぐられてしまいます。そういったことにならないようにするためにも、なるべくカードの申込数は少なくしていくことが肝心です。

特に多重申し込みでカード会社側に思われてしまうのが、すでに持っているクレジットカードの限度額が一杯になっているのではないか、ということです。限度額が一杯になっているので、新しいカードでなんとかしようと思われてしまうわけです。

なんでカード会社は多重申込みを問題視するの?

カード会社はクレジットカードの審査で多重申込みに対して非常にきつい態度を取っています。大きな問題がある、と思っているわけです。

こちらではなぜカード会社が多重申込みを問題視しているのか、という点についてお話します。
その理由がわかれば多重申し込みをしなくなるようになるかもしれませんよ。

■借金目的でカードを利用しようとしていると思われてしまう

キャッシング目的の利用と思われてしまうのです。クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の二つがあります。そのいずれかを利用することになるわけですが、カード会社としてはどちらかと言えばショッピング枠を利用してほしい、と思っています。買い物に利用する枠なので、無制限に利用されることはない、と思われるからです。
一方でキャッシング枠に関しては、借金をするために利用するもの、といった認識があるわけです。中には、借金を返済するためにキャッシング枠でお金を借りている人もいます。多寿債務状態へつながる可能性もあるので、カード会社としてはなるべく避けたい、と思っているわけです。

■カード会社はシビアである

カード会社は貸し倒れのリスクも考えています。100万円を利用されて回収出来ないようなことになると、100万円の損をすることになってしまいます。そうならないためにもシビアに審査してくるわけです。

多重申込みの目安が知りたい

クレジットカードの審査で多重申し込みが良くない、ということは認識できていると思います。審査に落ちる確率がアップしてしまうわけです。そこで注目をしていきたいのが、どこからが多重申し込みになるのか、という部分です。しっかりと認識していなければ、多重申込みの認識がないのに多重債務として判定されてしまう、ということもあるかもしれません。

こちらでは多重申込みの目安について詳しくお話します。どの程度の期間で、どの程度の申し込みを行ってしまうと多重申し込みとされてしまうのでしょうか。

■クレジットカードの多重申し込みの目安とは?

・半年間に3枚以上の申し込みは厳しい

クレジットカードの申込みですが半年間で3枚伊集鬼申し込みを行ってしまうと、審査落ちの可能性が出てきます。要は多重申込と判断されてしまう恐れが出てきてしまうわけです。クレジットカードの審査に確実に通りたい、という場合にはなるべく半年程度は間隔をあけてください。

・同時に2つのカードを申し込むのもやめよう

3つまでなら良いのであれば、2つのカードに同時に申し込もう、という方もいるかもしれません。しかし、2つのカードに同時に申し込みを行う、ということはあまり良いことではありません。こちらも多重申込みと判断されてしまう可能性があるわけです。

カード会社の履歴と申し込み情報

クレジットカードの審査は簡単ではありません。かなり深いところまで調べられてしまうのです。審査時間は短時間かもしれませんが、出回っている情報からいろいろなことが分かってしまいます。クレジットカード会社は個人信用情報というものをチェックしているわけですが、そこからかなりのことが分かってしまいます。カードやローンとの付き合い方まで確認されてしまうわけです。

こちらではクレジットカードの審査とカード会社の履歴、さらに申込情報についてお話します。

■カード会社の履歴について

・申し込み情報は残り続ける

クレジットカード会社にも社内データというものがあります。クレジットカードに申し込みがあると、その申込情報が残り続ける、といった特徴があるわけです。申し込み履歴が半永久的に残り続ける可能性もあるので、注意して申し込みは行わなければなりません。

要は短期間で同じカード会社に何度も申し込みを行ったとしても、その情報は残り続ける、ということなのです。審査落ちした情報が残っている場合には、その業者の審査を何度受けたとしても同じ結果となってしまいます。前回の審査を基準とされてしまうからです。

ただし申込情報を参考にするのは、半年程度とされています。前回の申込みから半年以上開けると審査に突破できる可能性が出てくる、ということも理解しておきましょう。

多重申し込みをしても審査を突破できる可能性あり

すべての多重申込みの非意図が審査落ちをしているわけではありません。中には、クレジトカードの多重申し込みをしているにも関わらず、審査に突破している、という人もいるのです。

こちらではクレジットカードの多重申込みにおける審査突破についてお話します。

■多重申込みでもクレジットカードの審査に突破出来る理由とは?

・その他の情報が良かった!

クレジットカードの審査は多重申込みのみで判断されているわけではありません。他にも様々な条件で判断されているわけです。
クレジットカードの審査ですが、たとえば年収や職業といったものも関わってきます。年収が高ければ返済能力が高い、と判断されるわけです。職業が大企業の正社員であったり公務員であったりした場合には、安定している職業についていると判断されて高評価となります。

注目をしてほしいのが属性情報が良ければ多重申込みにも目をつむってくれるカード会社はある、という部分です。すべてが一括で審査落ちにされるわけではありません。
実際に2つのカードに同時申し込みをして、2つのカードごと審査に突破できた、という例もあるほどです。属性情報が良い人であれば、多重申し込みに関してはそれほど気にする必要はありません。