ステータス系クレジットカードは審査が厳しい?

審査が甘いクレジットカードの特徴

「審査が甘いクレジットカードはどれですか」というのは、よくある質問です。
これは答えを出すのが非常に難しいです。
何故かというと、審査が甘いかは人により異なるためです。
Aというクレジットカードは、Bさんにとっては審査が甘いけれど、Cさんにとっては審査が厳しい…ということになります。
そのため審査が甘いクレジットカードは、人により異なるとなるでしょう。

それでも審査が不安な人は、一般的に審査が甘いと言われるクレジットカードを探すのがおすすめです。
審査が甘いクレジットカードの特徴を知り、それに申込みをするのが良いでしょう。

・非正規社員でも発行できる
パート、アルバイト、契約社員などでも、審査通過ができるクレジットカードです。
クレジットカードは安定した収入が継続してないと、発行ができません。
安定感があるのは公務員や正社員です。
クビになる可能性が少ないですし、収入もそれなりに期待できます。
非正規社員は一定の期間が経過すると、契約を切られてしまう可能性があります。
人員整理で急に退職となることだってあるでしょう。
突然収入が途絶えることが考えられてしまます。
また正社員に比べると、年収は低めとなってしまいます。
そのため安定感に欠け返済能力が低いとして、クレジットカード審査では不利になるのです。
審査が甘いクレジットカードは、非正規社員でも問題なく発行されます。

・勤続年数が短くても発行できる
クレジットカードの審査で、意外と重要視されるのが勤続年数です。
勤続年数が長いと、以降も現在の勤務先に働き続けるだろうと考えられます。
退職することがなければ、収入を得続けられます。
勤続年数が短いと、また転職をするのではないのか、以前の職場は何か問題があり退職したのではないか?といった、ネガティブな方向に持っていかれてしまいます。
勤続年数は最低でも1年以上、審査が厳しいクレジットカードなら3年~5年は必要とされていますが、審査が甘いクレジットカードは半年程度でも審査通過することがあります。

・専業主婦や学生でも発行できる
専業主婦や学生は、収入がありません。
審査が甘いクレジットカードでも無職の発行は難しいのですが、専業主婦や学生は例外的に審査通過できるようになっています。
これは本人だけでなく配偶者や親に返済能力があれば良いという審査基準だからです。
審査が厳しいクレジットカードは「本人に収入があること」と限定されており、専業主婦や学生は不可としていることが多いのです。

審査が甘い?セディナカードの特徴

審査が優しいカードとして注目されているのがセディナJiyudaカードです。名前だけでも知っている、という方もいるのではありませんか。こちらではセディナJiyudaカードの特徴についてお話します。どんな特徴を持っているのでしょうか。審査が易しめのカードを利用したい、と考えている方は必見です。

今回はセディナJiyudaカードの年会費についてお話します。

・セディナJiyudaカードの年会費・・・無料

セディナJiyudaカードは初年度年会費がかかりません。そればかりか、2年目以降の年会費もかからないのです。経費というものがかかってこないので、安心して利用できるクレジットカード、といっても良いかもしれません。
さらに自動車にのる機会が多い、という方に関してはETCカードの年会費も気になってしまうのではありませんか。もちろんセディナJiyudaカードもETCカードが発行できるわけなので、その年会費についてもお話します。

・セディナJiyudaカードのETCカードの年会費・・・無料

ETCカードについても年会費は支払う必要がありません。クレジットカードとしての年会費もかかりませんし、ETCカードの年会費もかからない、といった特徴があるわけです。

クレジットカードを少しでもお得に利用したい、と考えている方はセディナJiyudaカードに注目すべきです。

毎月の支払額と支払い方法について

審査がそれほど難しくないとされるクレジットカードのセディナJiyudaカードですが、注目すべきこととして「毎月の支払額」と「支払い方法」があります。非常に特徴的なクレジットカードとなっているので、事前にしっかりと理解しておかなければなりません。

ではセディナJiyudaカードの毎月の支払額と支払い方法にはどういった特徴があるのでしょうか。確認してみましょう。

・セディナJiyudaカードの毎月の支払額とは?

毎月の支払額は5,000円以上5,000円単位で変更ができる設定となっています。たとえば5,000円や10,000円、そして15,000円や20,000円となっているのです。
要は、自分の月々の支払える範囲内で、支払額を設定できるカードというわけ。
ちなみにその毎月の支払額は変更可能です。いつも支払い可能額が一緒というわけではありません。収入などに変化があった場合に関しては、適宜毎月の返済額を変化させていきましょう。

・セディナJiyudaカードの支払い方法とは?

支払い方法はいくつかあります。コンビニ支払いも出来ますし、口座引き落としにも対応しています。インターネット支払いもできれば、銀行ASTMでも支払いができるわけです。
クレジトカードの支払い方法と言えば口座引き落とし飲みに対応しているカードが多いわけですが、セディナJiyudaカードに関しては他の支払い方法もできます。

ポイントをたくさんゲットする方法

審査の通過率が高いとされているクレジットカードとしてセディナJiyudaカードが話題になっています。しかし審査通過率が高いからといって、すぐにカードを利用したい、とはならないでしょう。やはりオトクなカードでなければ、なかなか触手は動かないわけです。

今回はセディナJiyudaカードでポイントを沢山獲得する方法についてお教えします。クレジットカードを利用するメリットとしてポイントの獲得があるわけですが、果たしてどのような方法でポイントをたくさん獲得していけるのでしょうか。

・セディナJiyudaカードでポイントをたくさんゲットしていく方法

セディナJiyudaカードですが、通常は200円につき1ポイントの獲得となります。ですから、あまりポイント還元率は高いとはいえません。しかし特定の店舗を利用することで。ポイントが多数ゲットできるチャンスが有るわけです。

特定の店舗ですが、たとえばダイエーであったりイオンであったり、セブンイレブンであったりイトーヨーカドーであったり、といった店舗です。それらの店舗で利用するといつでもポイントが3倍になるのです。
上記した店舗で日常的に買い物をしている、という方はセディナJiyudaカードの利用を積極的に考えましょう。きっとたくさんのポイントがゲットできるはずです。

旅行好きに嬉しい企画あり!

クレジットカードの中でも比較的審査がやさしいとされているセディナJiyudaカードですが、サービス内容が劣っているわけではありません。実は素晴らしいサービスをしてくれるケースも有るわけです。

こちらではセディナJiyudaカードにおける旅行系の企画についてお話します。素晴らしい企画行っているので、是非チェックしましょう。

・セディナJiyudaカードの旅行系の企画とは?

セディナJiyudaカードでは、毎月カードショッピング利用10,000円につき1口として海外旅行や国内旅行に応募できるのです。

毎月抽選で150名に旅行が当たるチャンスがあるので、旅行が好き、という方には特におすすめしたいです。海外旅行に関しては50名様に当たります。国内旅行に関しては50組み100名様に当たるわけです。

ただし何もしないで応募できるわけではありません。ウキウキトラベル賞というものに応募しなければなりません。旅行が好きな方はしっかりと応募しましょう。

もちろん一口限定というわけではなく、10,000円につき1口の応募となっているので10万円利用していれば10口応募することになります。クレジットカードで高額を利用している方であれば、たくさん応募できるので当選確率が一気にアップするわけです。

セディナJiyudaカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの審査に突破するとなると、そのカードを使いこなしていかなければなりません。そこで注目していきたいのが、どのようにしてカードを使いこなしていくのか、ということです。実意はカードを使いこなしていく、ということですが大きく関わってくるのが国際ブランドです。国際ブランドによっては思ったようにカードを使いこなせない、ということも考えられるわけです。

こちらではセディナJiyudaカードの国際ブランドについてお話します。実際にどのような国際ブランドが用意されているのでしょうか。

・セディナJiyudaカードで選べる国際ブランドとは

・VISA
・JCB
・MasterCard(マスターカード)

上記下3つの国際ブランドから選ぶことが出来ます。VISA、JCB、MasterCard(マスターカード)のうち好きなものを選んでよいのです。

その3つの国際ブランドですが、実は使い勝手としては特に良いです。国内利用に関しては加盟店も極めて多いので全く問題ありません。

国際ブランドとして問題が出てくる可能性があるのがステータ性でしょう。3つの国際ブランドですが、ステータス性というものはありません。敷居が低めの国際ブランドとなっているのです。
ただセディナJiyudaカードはノーマルカードでもあるので、ステータス性を求めている方はほとんどいないと思います。ステータス性がなかったとしても全く問題ないでしょう。

セディナJiyudaカードの入会資格と電子マネーサービス

審査がそれほど厳しくないクレジットカードであるセディナJiyudaカードに入会したい場合には、まずは入会資格をクリアしている必要があります。どんなにカードに入会したかったとしても、入会資格に合致していなければカードを持つことは出来ないのです。

またセディナJiyudaカードは電子マネーの利用もできます。

こちらではセディナJiyudaカードにおける入会資格と電子マネーサービスについてお話します。

・セディナJiyudaカードの入会資格とは?

18歳以上であることが必要になります。高校生の利用は負荷とされているわけです。
さらに電話連絡が可能であること、といった条件がついています。電話を持っていない方は
セディナJiyudaカードには入会できないわけです。もちろん固定電話ではなく携帯電話でも持っていればOKです。

・セディナJiyudaカードの電子マネーサービスとは?

・iD
・QUICPay
・iD(携帯)

上記の3つの電子マネーサービスが利用できます。クレジットカード決済はなるべく高額の買い物をした時のみ、という方もいるでしょう。少額の買い物にわざわざカードを使いたくありませんよね。そういった場合には電子マネーを利用すればよいわけです。電子マネーを小額決済に使い、クレジットカードを高額決済に使うことで現金を持ち歩かずに済むようになります。