クレジットカードの審査落ちで確認すること

電話がクレジットカードの審査に関わる

クレジットカードの審査を突破するためにはいくつか知っておかなければならないことがあります。今回はその知らなければならないことのうち、6つを抽出してみました。どれも非常に重要なことなので、しっかりと確認していきましょう。どれも把握していくことが大切ですよ。

最初にチェックしていくのが電話です。実は電話はクレジットカードの審査に深く結びついていくもの。知っておかなければ審査に落ちてしまうかもしれませんよ。

・固定電話を持っていることが望ましい

電話弟子が、携帯電話を持っている方もいれば固定電話を持っている方もいるでしょう。最近では携帯電話のみを持っている、という方も多いと思いますが、実は携帯電話だけでは
審査が厳しくなってしまう恐れがあるのです。固定電話を持っていることはそれだけ社会的にも信用できる、ということになります。その地域に根づいているからこそ固定電話を持っている、ということにもなりますよね。携帯電話しか持っていない、という方は社会的に信用されない恐れもあるのです。

しかし、クレジットカードの審査のためにわざわざ固定電話を取得する、というのも難しいでしょう。固定電話を持っている方だけ、審査時の申込書にしっかりと電話番号を記載していくべきなのです。

他社の借り入れが審査に関わる

クレジットカードの審査で大きく関わってくるのが他社の借り入れです。他社の借入額が高かったり、借入件数が多かったりするとクレジットカードの審査に落ちてしまうかもしれません。
こちらでは他社の借り入れとクレジットカードの審査の関係性に迫ります。どのような時特徴を持っているのでしょうか。

・他社借入額とクレジットカードの審査について

他社借入額がないのが望ましいです。借入金がない状態のほうがクレジットカードの審査には突破しやすいわけです。
ただし、いきなりローンを完済できるはずもありません。そこで注目すべきは年収の3分の1まで余裕を持った借り入れに限定していく、ということです。総量規制というものがあり、年収の3分の1を超えた借り入れはできません。3分の1まで余裕があればまだ審査に突破できる可能性はありますが、3分の1に迫ったような状態だと、審査落ちする可能性が高いわけです。

・他社借入件数とクレジットカードの審査について

他社借入件数がないのが望ましいですが、こちらについても急に完済できるわけではないので難しいでしょう。注目してほしいのが、なるべく3件に抑える、というものです。借入件数が3件を超えていると審査落ちする可能性が高まるので注意しましょう。

居住年数が審査に関わる

クレジットカードの審査には思いもよらない事が関わってきます。その一つと言っても良いのが居住年数ではありませんか。居住年数が実際にクレジットカードの審査を左右する、といった事例も多く報告されているのです。

こちらではクレジットカードの審査と居住年数の関係性に迫ります。

・クレジットカードの審査ではどの程度の居住年数が好ましいのか?

長ければ長いほど評価されるのは間違いありません。できれば3年以上の居住年数であると。クレジットカードの審査に通りやすくなるでしょう。

居住年数が長いということはその地域に生活基盤がある、ということでもあります。要は夜逃げされてしまうような恐れがない、と判断されるわけです。クレジットカード業者としても、何としてでも避けたいのが貸し倒れです。回収できなくなってしまうような状況にはしたくない、と考えているわけです。

居住年数を大きく関わってくるのが、持ち家であるか、それとも借家であるか、という部分です。持ち家であると評価は高まっていくわけです。それだけ資産がある、ということにもなりますよね。一方で借家であると、資産については疑問符が出てきます。もしも返済ができなくなった場合に持ち家であった場合には売却してもらうことで回収できるかもしれません。しかし、借家ではそれは出来ないのです。

年収が審査に関わる

クレジトカードの審査には年収が大きく関わっていることは間違いではありません。そもそも年収が高いのか、低いのか、ということは返済能力に関わってくるわけです。クレジットカード会社としても、一度はお金を貸すような状態になります。回収できなければ困ってしまうわけです。

こちらではクレジットカードの審査と年収の関わり合いについて徹底解説します。

・年収がクレジットカードの審査に大きく関わってしまう理由

・年収が高い・・・返済能力がある
・年収が低い・・・返済能力が乏しい

一般的に上記のような考え方があるわけです。お金がたくさんある人は返済能力が高いですし、お金が少ない人は返済能力が低いわけです。クレジットカード会社としても返済能力に関しては年収から判断している、といっても過言ではありません。

ただし必ずしも年収が高ければクレジットカードの審査に突破できるわけではありません。カードの審査に突破するためには、まずは安定性というものも求められるのです。安定した収入がある正社員や公務員に関しては高評価されます。一方で高収入であったとしても自営業者や自由業者の方、さらに経営者の方は収入が安定していない、と判断されがちになってしまうわけです。注意しましょう。

年齢が審査に関わる

年齢がクレジットカードの審査に関わっていると言っても信じない人もいるかもしれません。しかし、年齢は審査に大きく関わっている事実があるのです。

こちらではクレジットカードの審査と年齢の関係性に迫ります。一体どのような関連性があるのでしょうか。あなたの年齢はクレジットカードの審査では有利になるのでしょうか?それとも不利になってしまうのでしょうか?確かめてみましょう!

・クレジットカードの審査と年齢の関係性とは?

基本的に若すぎる方と、年齢が高すぎる場合にはクレジットカードの審査は通りにくくなります。たとえば、10代後半や20代の方、さらに60代の方が審査が厳しい方に該当します。それらの年齢のクレジットカードの審査が厳しくなってしまう理由として収入の不安定さがあります。年齢が高い方と年齢が低い方はどうしても収入が不安定な特徴があります。非正規雇用で働いている方も多いですし、仕事を継続して行わない、というケースもあるからです。

一方で30代はクレジットカードの審査では有利とされていますが、実は難しいケースもあります。30代になって初めてクレジットカードを作る、という場合です。個人信用情報に情報がないので、クレジットカード会社といっては判断がしにくいわけです。ある程度実績を高めておく、ということもクレジットカードの審査では重要なんですよ。

勤続年数が審査に関わる

クレジットカードに関わる6つの項目として最後に紹介するのは「勤続年数」です。「勤続年数」とは今働いている職場にどれだけ勤めているのか、ということです。社会人になって何年というものではありません。今の職場で働いている年月のことを指しています。

クレジットカードの審査と勤続年数の関係性に迫ります。

・勤続年数は長いと良いのか?短いと良いのか?

当たり前の話となってしまいますが、クレジットカードの審査では勤続年数が長ければ長いほど有利、となっています。勤続年数が長いということは、それだけ安定して働いているということにもなります。安定して働いていないと、色々と問題が発生してしまう恐れがあります。急に仕事をやめられてしまうかもしれません。今後も安定して返済をしてもらうためにも勤続年数は重視されるわけです。

・どの程度の勤続年数だと評価されるのか?

最低のボーダーラインとしては「1年間」というものがあります。もう一つのボーダーラインが【3年間】です。

圧倒的に有利になる勤続年数は「5年間」です。5年以上の勤続年数であれば、クレジットカードの審査で不利になるようなことはありません。審査に突破できる可能性が極めて高くなるわけです。仮に収入が低かったとしても、安定していると判断されるので、カード会社の印象は良いです。

クレジットカード審査が早い理由

最近のクレジットカードは昔のクレジットカードとは異なり即日審査といったスピード発行がウリになっていることが増えてきています。クレジットカードのカードの審査には何日も掛かってしまうものとお考えの方も多いのでは無いかと思いますが、最近では全くもってそんなことは無いのですね。もちろん審査に数日必要となるクレジットカードも存在しているのですが、即日審査のクレジットカードも増えてきています。今までとは違った審査が実施されるようになった理由はどこにあるのでしょうか。

審査が早くなった理由として一番はネットの普及によってWebから申し込みをする利用者が増えて、クレジットカード会社側もコンピュータの発達によって審査が高速化されたということにあります。今まではクレジットカードの入会のためには用紙に必要事項を記入して郵送したりFAXで送るようなことが多かったと思います。これでは郵送にも時間が掛かりますしFAXだとしても必要な情報は結局コンピュータに打ち込む必要があるなど手間がかかっていました。しかし、今はネットから申し込みが出来ることでデータもすぐに送ることが出来るようになりましたし、クレジットカード会社の方も用紙に記載されていることを手入力するような必要が無くなりました。これだけでも審査がかなり早くなるのはなんとなくイメージしてもらえると思います。

さらにこれに加えて極めつけとも言えるのは自動審査が導入されたということです。自動審査なんて聞いたことが無いという方もいるかもしれません。簡単に説明するとこれは利用者が入力した内容をコンピュータで評価してクレジットカードを発行できるかどうか判断するというものです。昔は人が確認していたクレジットカードの審査も今はコンピュータが中心となることで即日審査などの高速化が進められているわけですね。

ただ全ての審査においてコンピュータが判断できる訳ではなく場合によっては即日審査をアピールしている会社でも時間が必要となることがあります。クレジットカードはお金に関わる部分ですので、コンピュータだけでは判断できない特別な状況というのも発生してしまうわけです。ただこういった状況も含めてクレジットカードの審査は昔よりも格段に早くなっています。

自動審査を活用しているクレジットカード会社では最速で申し込み完了から5分程度で結果が出るようなこともあります。ここまで早いと審査しているのか心配になるかもしれませんが、それだけコンピュータが発達した時代になったということです。

学生でも審査に通るの!?

クレジットカードの審査においてよくある質問が学生でも審査に通りますか?ということです。世の中的には学生はクレジットカードの審査に通りにくい、通らないと考えられているようですね。こういった質問に対して私は毎回「学生だから審査に通らないことは無い」といった内容の回答をします。ただこれだけを言われても実際のところどういった審査が行われていて、どれぐらいの難易度なのか分からないと心配する学生の方も居るでしょう。学生に対するクレジットカード審査の気になるところをまとめています。

■クレジットカード審査における学生に対する評価
まずはクレジットカードの審査で学生がどのような評価を受けるかのかについてです。クレジットカードでは職業など自分がどのような手段を用いて収入を得ているのかという部分が重要視されています。安定した収入があることが重要視されているので当然のことでしょう。
学生の場合は収入面に関してはアルバイトをしている方も多いとは思いますが社会人ほど安定した収入であるとは言えないのが現実です。そのためこの点に関してはそこまで重要視されていないと言われています。その代わりに万が一のときのために保護者などの信用情報が確認されることがあるようです。基本的に学生は限度額も小さいのでどうしても支払えないような状況には陥らないように配慮されていますが、評価としてはしにくい部分が大きいので保護者などの信用も利用されることになります。

■収入に対する評価
これは上記でも述べましたがそこまで重要視されていません。年収をどのように記載して申し込むかを悩む方も多いようですが、1年以上アルバイトをしているのであればその金額を記入すれば良いでしょう。定期的に仕送りがあるのであればそれを年収として記載するのも悪くは無いと思います。
ただ繰り返しになりますが収入が100万円を超えるようなアルバイトをしていない限りはそこまで躍起になって計算する必要もありません。短期アルバイトなどの収入も含めた方が良いかなども質問としてありますが、毎年発生するようなもので無ければ無理やり含めてまで大きな金額を記述しなくても大丈夫です。

■まとめ
学生向けのクレジットカードの審査は社会人と比べて独自のものです。そしてその独自の基準を用いて学生でもクレジットカードの審査に通るような仕組みが作られています。収入面など心配なことはあると思いますが、狭き門というわけでもありませんので安心して申込みをしてみましょう。