審査が甘いクレジットカードはこれだ!

セゾンカードインターナショナル

革新的なサービスを登場させているのが、セゾンカードのクレジットカードです。
年会費無料クレジットカードの発行や有効期限のないポイントなどは、セゾンカードが最初に行ったサービスだそうです。
近年はアメックスブランドとの提携を強化しています。
そんなセゾンカードのスタンダードカードとなるのが、セゾンカードインターナショナルです。

・審査が甘い理由
セゾンカードは信販系となり、審査がすごく甘いわけではありません。
しかし西友やリヴィン、サニーで割引きがあるなど、流通系のクレジットカードの面も持っています。
流通系クレジットカードは店舗の売上を上げるために、審査を甘くしてたくさんの人に発行する傾向があります。
そのためセゾンカードインターナショナルも、審査が甘めとなっているのです。
セゾンカードインターナショナルが発行できた→西友で割引きがあるみたい→西友に行こう→割引になるからいつもよりたくさん買っておこう…となれば、セゾンカードも西友も儲かりますからね。

・専業主婦にもおすすめ
西友、リヴィン、サニーの主な利用層は主婦となります。
主婦には積極的に発行を行っているクレジットカードです。
専業主婦でも配偶者に安定収入があれば、審査に通過できやすいでしょう。

・審査基準は不思議?
セゾンカードのクレジットカードは、発行後の稼働率を考慮し審査をしていると言われています。
発行後に利用する機会がないと判断されると、審査に落ちてしまうことがあるのです。
他のクレジットカードだと絶対審査落ちしなそうな役職付きの会社員が、セゾンカードインターナショナルの審査に落ちる…といったことも起こっています。
これは発行をしても、クレジットカードを使ってくれる可能性が少ないと思われたためです。
この点では他のクレジットカードとは、ちょっと異なる審査基準でしょう。

・即日発行が可能
セゾンカードインターナショナルはセゾンカウンターで受け取ると、即日発行ができるクレジットカードです。
オンラインで申込みをすれば、30分ほどで審査が完了します。
その後店舗で受け取れば、すぐに使えるクレジットカードなのです。
ETCカードの即日発行も可能です。
即日発行が可能なクレジットカードは少なく、ETCカードの即日発行は他のクレジットカード会社ではできませんので、貴重なクレジットカードです。

・年会費は無料
セゾンカードインターナショナルは年会費無料です。
家族カードやETCカードの年会費も無料です。

JCB EIT

銀行系のクレジットカードは審査が厳しいといわれています。
JCBカードも審査は緩くありません。
ただJCBカードの中でも、審査に通りやすいクレジットカードがあります。
それがJCB EITです。
JCBカードのリボ専用クレジットカードです。

・審査が甘い理由
JCB EITは、リボ払い専用クレジットカードとなります。
リボ払い専用クレジットカードは、審査が甘いのが特徴。
リボ払い手数料による利益を見込めるため審査を甘くし、会員数の増加を狙っています。
審査を厳しくしていては、会員を増やすことができません。
利用金額を増やすこともできませんから、審査を甘くしているわけですね。
リボ払い専用クレジットカードは年会費やポイントの優遇などがありますが、これも会員数を増やすために行っているサービスです。

・審査は早い
JCBカードは審査や発行がスピーディなクレジットカード会社です。
即日発行、翌日受取が可能なクレジットカードもあるくらいです。
JCB EITはそこまでは行きませんが、審査結果は数日もあれば出ます。
その後すぐに発行となりますので、申込みから1週間程度あれば受け取ることができるでしょう。

・ポイントは2倍
JCB EITは1,000円に2ポイント付与となり、いつでもポイント2倍(JCB一般カードと比較)となるJCBカードです。
ポイントを貯めやすいのでおすすめです。
ポイント還元率は約1.0%となるので、ポイントはたまりやすいクレジットカードです。

・年会費は無料
年会費は無料、家族カードもETCカードも年会費無料です。
JCBのプロパーカードは条件付年会費無料のクレジットカードはありますが、無条件で年会費が無料となるのはほとんどありません。
JCB EITはどんな使い方をしても年会費がかかることはなく、年会費無料クレジットカード派にもおすすめです。

・初回リボ手数料は無料
JCB EITはリボ払い専用クレジットカードとなるため、リボ手数料に注意して支払いをする必要があります。
おすすめなのは初回で全額支払ってしまう方法。
JCB EITは初回はリボ手数料が無料なので、初回全額支払いをすれば手数料ゼロになるのです。
手数料が必要なのでリボ払い専用クレジットカードはちょっと…という方もいるのですから、これならリボに抵抗がある人でも使いやすいでしょう。
審査に通りやすくポイントがたまり、リボ手数料ゼロでOK。
なかなかの好条件がそろったクレジットカードを言えます。

Yahoo!JAPANカード

楽天カードと並ぶEC系クレジットカードとして、人気なのがYahoo!JAPANカードです。
使い勝手の良い共通ポイントのTポイントがたまることでも人気があります。
学生、専業主婦、アルバイト、パートなど、幅広い人が発行できるクレジットカードです。
Yahoo!カードと呼ばれるクレジットカードはこれまでオリコカードやJCBカードなどからも発行されていましたが、現在はワイジェイカードが発行しています。

・審査が甘い理由
Yahoo!JAPANカードは、Yahoo!サービスの利用促進のために発行されています。
審査を甘くしてたくさんの人に発行をし、Yahoo!サービスを利用してもらおうということですね。
また近年は楽天との競争が激化しています。
楽天市場とYahoo!ショッピング、楽天トラベルとYahoo!トラベルなど、似たようなサービスを行っています。
楽天カードと比べられることも多いです。
楽天カードは審査通過できたのに、Yahoo!JAPANカードは審査落ちした…となると、Yahoo!ではなく楽天サービスを使おうとなることも考えられるでしょう。
それを避けるには審査を柔軟にする必要があるのです。

・審査は早い
Yahoo!JAPANカードは自動審査を採用しており、数分後には審査結果がでるほど審査に時間がかかりません。
順調にいけば申込から1週間ほどで、クレジットカードを使えるようになるでしょう。

・ホワイトやブラックは?
審査がそれほど厳しいクレジットカードではないので、ホワイトでも発行できる可能性はあります。
ただブラックとなってしまうと、難しくなってしまうようです。
自動審査でブラックの情報があるとわかると、その時点で審査落ち…となってしまうようです。
ブラックで発行するのは、ほぼ無理と言えるかもしれません。

・Yahoo!ショッピングやロハコでお得
ポイントは100円に1ポイント付与となります。
還元率は1.0%あり、ポイントはたまりやすいでしょう。
さらにYahoo!ショッピングやロハコでは、いつでもポイント3倍となるのでお得。
Yahoo!のプレミアム会員特典などを組み合わせれば、さらにポイント倍率をアップさせることも可能です。
Yahoo!でショッピングをするなら、おすすめのクレジットカードとなっています。

・年会費は無料
年会費は無料、家族カードも年会費無料です。
ETCカードは年会費500円(税別)が必要です。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカードは信販系のクレジットカード会社です。
オリコカードでおすすめなのは、オリコカード・ザ・ポイントです。
オリコカードでは比較的新しいクレジットカードで、審査が通りやすくなっています。

・審査が甘い理由
オリコカード・ザ・ポイントは、オリコカードがイチオシしているクレジットカードです。
オリコカードはiDやQUICPayのダブル搭載や、個性的なデザインなどのクレジットカードを発行し人気があります。
しかしポイント還元率がそれほど高くなく、他のクレジットカードに顧客が流れつつありました。
それを食い止めようと登場したのが、オリコカード・ザ・ポイントです。
新規顧客の拡大を目指し発行されたので、審査が甘くなっているのです。
審査を厳しくしていては、会員数を増やすのは難しいですからね。

・フリーターでもOK?
オリコカードは信販系ということで、審査が厳しいのでは?と心配する声もあります。
オリコカード・ザ・ポイントは、フリーターなどの非正規社員でも審査に通過しやすいです。
学生や専業主婦でも、審査通過ができたというケースが多いです。
フリーターでも問題なく発行できるクレジットカードと言えるでしょう。
ただブラック情報があると、審査通過は難しくなります。
ブラック情報が個人信用情報から消えてから、申込みをするのが確実と思われます。

・審査スピードについて
オリコカード・ザ・ポイントは数分で審査が完了した人もいれば、審査結果が出るまで5日かかった…という人もいるようです。
審査時間はずいぶん差があります。
オリコカード・ザ・ポイントは自動審査となり、その時点で問題がなければ審査通過となります。
早ければ2分程度で完了します。
しかし自動審査で問題があると再度審査を行い、合否を決定します。
このため審査に数日かかることがあるのです。
オリコカード・ザ・ポイントで審査結果が当日に届かない場合は、審査落ちの可能性があると思って良いでしょう。

・ポイントがたまりやすい
100円に1ポイントの付与となり、入会から6ヶ月間はポイント2倍になります。
そしてオリコモールを経由すると、通常より0.5%のポイントがプラスされます。
インターネットショッピングでもポイントをためやすく、お得なクレジットカードです。
ポイントがたまりやすいことも、人気の要因となっています。

・年会費は無料
年会費は無料、家族カードやETCカードも年会費無料です。
費用の心配なく、使用することができます。

ビックカメラSuicaカード

ビューカードは、それほど審査が甘いクレジットカードではありません。
審査に落ちたという声もよくあります。
ビューカードの中で、比較的発行しやすいのがビックカメラSuicaカードです。

・審査が甘い理由
ビューカードはJR東日本系列のクレジットカード会社です。
交通系のクレジットカードとなり、流通系や消費者金融系に比べると審査は厳しくなります。
ただビックカメラSuicaカードは、家電量販店のビックカメラと提携しているクレジットカードです。
ビックカメラの顧客確保を狙って発行されていますので、流通系クレジットカードの側面も持っているのです。
流通系クレジットカードは店舗の顧客確保のために、審査が甘めとなっています。
そのためビックカメラSuicaカードは、ビューカードの中でも発行しやすくなっているのです。

・ブラックやホワイトは?
ビックカメラSuicaカードは、良いクレヒスがあった方が審査通過はしやすいです。
クレヒスがないホワイトは、審査通過が難しいかもしれません。
ホワイトでも厳しいとなると、ブラックはさらに審査に落ちやすくなってしまうでしょう。
最初はもっと審査が甘いクレジットカードを発行し、クレヒスを磨いてから挑戦するのがおすすめです。

・フリーターは大丈夫?
高校生を除く18歳以上であれば発行は可能です。
学生、フリーター、専業主婦でも、審査に通過することはできます。
ただ審査が激甘ではありませんので、比較的審査に自信があるかた向けです。

・ポイントはためやすい
ビックカメラSuicaカードはビックポイントとビューサンクスポイントの2種類がたまるクレジットカードです。
どこで使っても還元率は1.0%あるので、ポイントはたまりやすいです。
しかしビックカメラで利用すると、10%のビックポイントがたまります。
これは驚異的な高い還元率です。
またSuicaチャージや新幹線の乗車券などJR東日本の商品では、1.5%のポイントがたまります。
こちらも高還元率となります。
ポイントがたまりやすく、お得なクレジットカードと言えるでしょう。

・年会費
年会費は初年度無料、翌年度より477円(税別)の年会費が必要となります。
しかし年間1度でも利用をすると、翌年度の年会費は無料です。
ビューカードは年会費有料クレジットカードが多いのですが、ビックカメラSuicaカードは実質年会費無料で使えます。
ETCカードは年会費477円(税別)です。