クレジットカードの審査に落ちる理由を紹介

ブラックになっている

クレジットカード審査に落ちる原因として、真っ先に挙げられるのが個人信用情報上の問題です。
俗に言う「ブラック」の状態になると、クレジットカード審査には落ちやすくなります。

・ブラックとは?
ブラックとは、個人信用情報にキズがある状態をさします。
クレジットカードやローンなどを利用すると、個人信用情報機関に記録が行われます。
「この人は○○カードと契約をして、使用して、支払いをしました」というのが、個人信用情報を見るとわかるということです。
そして支払いが遅れると、「遅れましたよ」というマークが付いてしまいます。
これがブラックの状態です。
クレジットカードの審査では個人信用情報を開示したときに、支払いをきちんとしてないことがわかると審査に落とされることが多くなります。

また債務整理をしたり、自己破産をした状態も、ブラックとなります。
お金の使い方が悪かったため、債務整理や自己破産をするハメになったと言えるでしょう。
そんな人にクレジットカードを使わせるのは危険…ということで、審査に落ちることになります。

・ブラックになってしまったら
個人信用情報にブラック情報がある間は、クレジットカード審査に通るのは難しくなります。
ブラックから脱出することを考えましょう。
未払い分がある場合は、まず完済をしてしまいます。
それから5年ほど経過すればブラック情報はなくなり、クレジットカードを作りやすくなります。
債務整理や自己破産によるブラックは、5年~10年ほど経過すれば自然に消えます。
個人信用情報からブラック情報が消えれば、クレジットカード審査に通りやすくなるでしょう。

・ブラックでも作れるクレジットカードはある?
ブラックであるだけで、審査に落ちるクレジットカードが多くなります。
それでもブラックでも、発行できるクレジットカードは存在しているようです。
代表的なのはACマスターカード。
消費者金融が発行するクレジットカードで、審査がゆるとされています。
ブラックでも発行できる可能性があるとされています。
そしてアメリカンエクスプレスカードも、ブラックでも審査に通ることがあるクレジットカードと言われています。
アメリカンエクスプレスカードは提携クレジットカードではなく、プロパーカードを選びましょう。

この2枚でも審査に落ちてしまう…というブラックは、審査に通るクレジットカードを探すのは難しいです。
審査がないデビットカードがおすすめです。

携帯電話や奨学金を支払っていない

クレジットカードは若い世代は、審査に通りやすいと言われています。
クレジットカードが求めている顧客は、10代後半~20代前半の若い世代です。
これは若い方が、クレジットカードを長く使ってくれる可能性があるためです。
20歳で発行し70歳まで使ってくれれば、50年間のお付き合いになります。
50歳なら70歳までは20年となりますから、長く利益を上げられるのは若い世代ということになるのです。

また若い世代は、返済できなくなっても回収しやすい面があります。
20歳だったら、将来お金が入ってくる可能性はありますよね。
しかし70歳だったら、以降にお金に余裕が出てくることは考えにくいです。
貸し倒れをしにくいには、若い世代なのです。

ただ近年は10代後半~20代前半でも、クレジットカード審査に落ちるケースが増えてきているそうです。
その理由が、携帯電話や奨学金の滞納です。
クレジットカードやローンの利用状況は、個人信用情報機関に記録がされています。
実は携帯電話や奨学金の支払い状況も、個人信用情報機関に記録されているのです。
滞納が続くと個人信用情報に支払いがされていないマークが付いてしまい、ブラックとなります。
この状態でクレジットカードに申込みをしても、審査に落ちてしまうわけですね。

スマートフォンが登場してから、携帯電話料金の支払い額は上がっています。
携帯機種代金も通信料金も高額になっています。
これが支払えない若者が増えているのです。
またスマートフォンは、新しい機種がどんどん発売されています。
新しいものを見ると、欲しくなってしまう…とう人も多いでしょう。
前の機種代金の支払いが終わらないうちに新しい機種を購入してしまうと、さらに携帯電話料金が高額になってしまいます。
料金負担が大きくなり滞納をしてしまうんですね。
これが携帯電話料金によりブラックになってしまう理由です。

そのうち支払えば良いだろう…と軽く考えている方もいるようです。
しかし滞納をしている間はブラックとなっていますので、クレジットカード審査には通らないとなってしまいます。
またこの状態が続くと、自動車ローンや住宅ローンの審査にも影響を与えてしまうので注意が必要です。

奨学金も同じです。
奨学金は働き始めても生活するのが精いっぱいで、支払わずに放っておく若者が増えているのだそうです。
支払いができないのは仕方がありませんが、なるべく早く支払う努力は必要となるでしょう。

クレジットカードを持ちすぎている

以前はクレジットカードなんてラクラク発行できたのに、最近は審査に落ちるようになった…。
そんな声もあります。
それはクレジットカードを持ちすぎてるのかもしれません。
クレジットカードの所有枚数が多すぎると、審査に落ちやすくなります。

・支払いができなくなる可能性がある
クレジットカードを何枚も持っていると、総利用限度額が上がります。
利用限度額が10万円、30万円、60万円、100万円のクレジットカードを4枚持っていると、200万円までクレジットカードを使えることになります。
この枠をすべて使ったときに返済ができるのか?となります。
これ以上クレジットカードの枠を与えると返済ができなくなると判断されると、審査に落ちる…となるわけです。

クレジットカードを使ってないから大丈夫なのでは?と考える人もいるようです。
しかしクレジットカードを使っているか、使っていないかは関係ありません。
枠を持ってるか持っていないかが問題なのです。

・クレジットカードをたくさん持っている場合は?
クレジットカードの所有枚数が多くなると、使っていないものが出てくるはずです。
使ってないクレジットカードはそのままにしておかず、解約をするのがおすすめです。
解約をしてしまえば、持っているクレジットカードの総利用限度額は下がります。
新しいクレジットカードの、審査に通りやすくなるでしょう。
クレジットカードの解約は、クレジットカード会社のデスクに連絡を入れるだけで手続きができます。
解約にあたり書類を作成したりすることはありません。

・解約時の注意
解約手数料が必要なクレジットカードはほとんどありませんが、一部存廃しています。
一応注意をした方が良いでしょう。
またクレジットカードにポイントが残っていないかの確認もしてください。
もしポイントが残ってれば、何かに交換してから解約するのがおすすめです。
チャージ式の電子マネーが付帯しているときは、電子マネーを使いきってからクレジットカードを処分するようにしましょう。
電子マネーの残高が残ってるのに捨ててしまうと、お金を捨てることになります。

クレジットカードは何枚まで持てるのか、総利用限度額の上限はいくらなのか、気になるところです。
ただこれは、人によるとしかいえません。
所有枚数が3枚でもクレジットカード審査に落ちやすくなる人もいれば、10枚以上持っていても余裕で審査通過する人もいます。
その人の返済能力により異なってしまうのです。

ホワイトである

クレジットカード審査に落ちやすくなるのは、ブラックだけではありません。
ホワイトと呼ばれる人たちも、クレジットカード審査に落ちることが多くなります。

・ホワイトには2種類ある
ホワイトとは個人信用情報機関に、まったく記録がない状態です。
その理由は、まずクレジットカードやローンを使ってないことがあります。
個人信用情報機関には、クレジットカードやローンの利用履歴が記録されます。
使っていないなら、記録がないのは当たり前ですね。
現金主義の人が、ホワイトということになります。

そしてもう一つが、ブラック明けのホワイトです。
ブラックになるとクレジットカードの利用や発行ができなくなります。
クレジットカードを使えない期間が長くなると、個人信用情報の記録がなくなることになります。
以前の記録は時間が経過すると自然と消えますから、ブラック明けは個人信用情報が真っ白…となってしまうのです。

・ホワイトがクレジットカード審査に落ちる理由
現金主義の人は、クレジットカード審査には特に問題がないような気がします。
しかしブラック明けの人には、クレジットカードを発行するはちょっと…となるでしょう。
またブラックのようなことをされては、クレジットカード会社には損失となってしまいます。
ブラック明けクレジットカード審査に落ちるのは仕方ないとなるでしょう。

現金主義のホワイトも審査に落ちやすくなるのは、ブラック明けではないかという疑惑を向けられるためです。
20代前半までなら、クレジットカードをまだ使ってないことがあっても不思議ではありません。
しかし30代以降で、ホワイトというのは不自然です。
クレジットカードを使うのが当たり前のご時世で、この年齢まで現金主義なんてあり得ないだろうと思われてしまいます。
個人信用情報を見ただけでは、どうしてホワイトになったかの判断はつきかねます。
疑わしきはすべてブラック明けということにしておこう…という審査傾向ですので、ホワイトはクレジットカード審査におちやすくなるのです。

ただホワイトの人は審査に落ちやすいと言っても、ブラックよりはクレジットカードが発行しやすい状況です。
審査に甘いクレジットカードを選べば、審査通過できる可能性はあります。

・ホワイトにおすすめのクレジットカードは
審査が甘いと言われる消費者金融系のクレジットカードや、流通系のクレジットカードが良いでしょう。
流通系のクレジットカードはお得でもありますので、おすすめです。

申込時に不備がある

クレジットカードの審査落ち原因は、すぐに改善できるものとできないものがあります。
ブラックなんかは年数が経過しないとなりませんので、今すぐ改善するのは不可能になります。
今すぐ改善できる審査落ち理由が、申込み時の不備です。
申込時の不備なんてアホじゃないの?!と思うかもしれませんが、意外と多い審査落ち理由だったりします。

・申込フォームに空欄が多い
クレジットカードの申込は、専用の申込フォームにより行います。
名前、生年月日、住所などの基本的な情報のほか、勤務先、勤続年数。居住形態、家族構成などを入力する欄があります。
難しいものはありませんので、申込みフォームはすべて埋めるようにしましょう。
不真面目な人と判断されて、審査に落ちやすくなります。

・正確に入力する
申込フォームには、間違いがないように記載をしましょう。
うっかり入力ミスをするケースは多いですので、注意をしてください。
連絡先などを間違えてしまうと、連絡が付かないので審査に落ちてしまいます。
またうっかりが多い人として、審査に悪い影響を与えることもあるでしょう。

・ウソをつかない
クレジットカード審査に通りたいので、都合の悪いことは入力しないでおこう…という人がいます。
良くあるのは実際は勤務していない会社を勤務先にする、借金の金額を少なくする、勤続年数や年収を多めに記入するというものです。
勤続年数や年収は正確に確認することはないので、多少であれば持っても審査には影響を与えません。
しかしあまりに現実とかけ離れている数字だと、一発でおかしいと審査でわかられますので注意をしましょう。
借金については、個人信用情報で確認ができます。
勤務先は在籍確認により、在籍の有無は確認できます。
ウソをついても見破られてしまうので、最初から無駄な細工はしない方が良いでしょう。

ウソをつくということは、クレジットカード会社を欺こうとしていると同じことです。
クレジットカード会社には良い印象を持たれることはなく、審査落ち可能性が高くなります。

・必要書類が提出されていない
クレジットカードを発行するには、本人確認書類などが必要になります。
コピーを送ったり、画像をメールで送ったりすることがありますが、このときに表面だけでなく裏面の提出も必要になることがあります。
表面しか提出されていなく、審査が進まない…となることがあります。
またキャッシング枠によっては、所得証明書の提出が必要になることもあります。