クレジットカードの審査に関する基礎知識

クレジットカードの審査と信用情報

皆さんの中なはクレジットカードの審査において信用情報と呼ばれるものが利用されていることをご存知の方も居るでしょう。ですがこの信用情報という言葉はこれだけを初めて耳にする人にとってはなんだか恐ろしいものとか、信用情報なんて審査されて大丈夫なのかと思ったりもすることのあるものです。
実はクレジットカードの審査においてはこの信用情報と呼ばれるものを利用しなければならないことになっています。言ってしまえば国での決まりということです。初めて聞いた時はびっくりすることもある信用情報についてご説明します。

■信用情報がある意味
そもそもクレジットカードの審査においてなぜ信用情報というものが存在しているのでしょうか。まずはここが皆さんが気にしているポイントだと思います。信用情報は簡単に説明すると今までのクレジットカードやローンの利用履歴がまとめて掲載されているデータのことです。
クレジットカードは信用を元に発行の可否が決まるということは皆さんもご存知のとおりだと思います。しかしクレジットカード会社だけではこの信用に関わる情報を集めることは容易ではありません。極論を言うと全てのクレジットカード会社が相互に繋がっていなければ情報が共有出来ないということだってありえるわけです。その仕組みを作るのは現実的ではありませんので代わりに信用情報という仕組みが取り入れられています。

■信用情報の管理
それではこの信用情報はどのように管理されているのでしょうか。クレジットカード会社の審査を簡略化するための仕組みですのでクレジットカード会社内には設置されていないような気はしますよね。
その予想通りでして信用情報はクレジットカード会社が管理しているのではありません。専用の信用情報を取り扱うための会社というのが3社用意されています。
3社とはCIC、JICC、JBAと呼ばれているものなのですがここでは詳細については割愛します。一つの会社だけでは信用性に偏りが出てしまう可能性もありますので、クレジットカードの種類や会社の業種によって異なった信用情報機関に加盟しています。

■信用情報の内容
さてこの信用情報ですがクレジットカード審査に利用される情報が記載されています。具体的にはどのような情報が記載されているのでしょうか。まず分かりやすいものはクレジットカードの支払い状況です。遅延があるか無いかをひと目で理解できるような記載がされています。また今までに金融事故を起こしていないかも確認できますので審査の際に参考とされます。

クレジットカードの審査落ちで確認すること

クレジットカードには審査がありますので場合によっては審査落ちということが発生してしまいます。クレジットカード会社も審査落ちの理由は教えてくれませんので、具体的に何が問題ではあったのかは確実に知ることは出来ません。ただ一般的にクレジットカードの審査に落ちやすい事柄というのは存在しています。今回はクレジットカードで審査落ちしてしまったら、取り敢えず思い当たることは無いか確認できるような項目をピックアップしています。

■今までに金融事故を起こしている
これがクレジットカードの審査落ちとして一番多い理由ではないでしょうか。いわゆる支払い遅延でブラックになったことがある場合です。クレジットカードの支払い遅延が続くとブラックになることは皆さんも御存知かと思いますが、このブラックは完済してから5年間は履歴に残ってしまいます。そのため支払いが終わったからとクレジットカードを発行しようとしてもまだ信用情報に履歴があるせいで審査に落ちてしまうこともあります。これはクレジットカード会社の判断に委ねられていますが例としては多いものです。

■短期間の申込数が多い
これも最近はよくある審査落ちの原因です。昔はクレジットカードといえば支払いをより便利にする決算の機能が特に重宝されていました。今でも大きな買い物をする際にはこういった利用も重宝されてはいますが、多くの場合はポイント還元やマイルを手に入れるなどのクレジットカードの特典面を重視していると思います。そのため特典に釣られて短期間に多くのクレジットカードを申し込んでしまうことが増えてしまいました。
このクレジットカードの短期申し込みというのはクレジットカード会社から見ると多くのクレジットカードを必要としている人という印象を持たざるを得ません。そのため危険性を感じてクレジットカードの審査で落とされることが多いわけです。同時期に申し込みをする重複登録なども審査落ちの原因となりやすいので注意しておきましょう。

■所有しているクレジットカードやローン類が多すぎる
最近はちょっとしたポイントカードや会員カードにもクレジットカード機能が付帯されていることがあるなど、実は多くのクレジットカードを所有しているという方も多いでしょう。これが実は曲者であり、クレジットカードはある程度全てのクレジットカードを合計してどの程度まで利用できるのかというのが決まっています。利用していなくともクレジットカードを発行してしまうと利用可能なものとして差し引かれて計算されますので、新しくクレジットカードを発行しようとすると限度額オーバーという審査結果になることがあります。

ゴールドカードの審査とは

一般的なクレジットカードの上位版クレジットカードに分類されているのがゴールドカードと呼ばれるものです。券面が金色に輝くものが多いことからこのように呼ばれるようになったものですね。そしてこのゴールドカードと呼ばれているものは上位版のクレジットカードということもあり一般カードよりも審査が厳しくなっていることが大半です。
ただ審査は厳しいのですが5-10年前の審査から比べると甘くはなってきています。昔との比較も含めながらゴールドカードの審査についてからご説明していきます。

■年齢面での審査
昔のゴールドカードは審査を受けるために30歳以上などの条件が付帯されているものが多くありました。つまりそれ以下の年齢であれば門前払いを受けていたような印象ですね。
しかしながら最近のゴールドカードは殆どが年齢制限を30歳以上には設定していません。JCBのゴールドカードの一部やAmazonユーザに人気の「Amazon MasterCardゴールド」などは30歳以上の制限が付帯されていますが、年齢面で制限されているものの方が少ないと考えて良いでしょう。

■年収面の審査
年収面に関しても昔のゴールドカードであれば一つの区切りとして年収が500万円を超えているのかどうかというものがありました。まさしくゴールドカードらしい年収の設定と感じるようなものだったわけです。
それが現在のゴールドカードは設定されている限度額も小さいものから用意されるようになったことで年収面のハードルも下がっています。安定した収入があれば年収250万円程度でも審査に通過するようになっていますので以前の概ね半分の年収があれば審査には通過できるようです。ただ一部にはステータス系と呼ばれるアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブ、またプロパーカードなどの年収面も考慮した厳しい審査が行われているものもあるようです。明確な基準は公開されていませんが中にはこのようなものもあると認識しておくと良いでしょう。

■職業面の審査
ゴールドカードともなると一流企業で働いていないといけないのでしょうか。職業面に関しては今も昔もそこまで細かい基準があるようではなく。今では学生を除く20代以上で安定した収入があればよという程度になっています。
クレジットカード自体が正社員などだけではなく安定した収入があるアルバイトなどにも発行されるような時代となってきましたので、いかに安定した収入があるのかということのほうが職業よりも重視されている印象です。

ステータス系クレジットカードは審査が厳しい?

世の中には数多くのクレジットカードが発行されているのですが、その一部はステータス系クレジットカードなどと呼ばれています。所有するだけでクレジットカード会社から認められているということを証明できたり、数多くの特典を利用できるなどするものを指しています。ステータス系のクレジットカードにもいくつかの種類がありますので今回はその種類別にどういった審査が進められているのか、審査は実際に厳しいのかどうかについてまとめています。

■クレジットカードのグレード
クレジットカードの中でステータスが高いと言われているのはゴールドカード以上、プラチナカードやほぼ目にかかることはないですがブラックカードと呼ばれるものが含まれています。これらの審査はどうなっているのでしょうか。
まずゴールドカードですがこちらは10年ほど前と比べると格段に審査が優しくなっています。年齢制限も30歳となっているものが少なくなっていますし、年収も500万円と言われていたものが250万円程度でも審査に通過できるようになっています。
プラチナカードもインビテーションではなく申し込み式で手に入れることが可能なものが増えてきたことで審査は易しめになっています。今でも半分以上のプラチナカードはインビテーションが必要と言われていますが、それ以外のプラチナカードの場合は年齢も20代から申し込めるものがありますのでかなり緩和されているでしょう。ただ審査が緩和されてもプラチナカードはそれなりの年会費が必要です。10万円を超えるような年会費が設定されているものもありますので払えるだけの年収があるかどうかは審査基準としてあるようです。

■クレジットカードの国際ブランド
クレジットカードの中にも全般的にステータスが高いと言われている国際ブランド存在しています。皆さんがよく耳にするであろうアメリカン・エキスプレスと少しマイナーですがダイナースクラブがこれに相当します。
アメリカン・エキスプレスは以前は審査が厳しいステータス系クレジットカードとして有名だったのですが、ここ数年方向転換をしてより多くの方に質の高いクレジットカードを利用してもらうことを目指しています。これに関連して審査は以前ほど難しくは無いような状況となりました。
ダイナースクラブは基準こそ今は公開されていないですが依然として審査が厳しいものとして顕在しています。年齢制限も年収制限も他のクレジットカードとは一線を画するものが多いですので昔から続く審査の厳しいステータスカードの代名詞的存在です。

クレジットカードの審査 無職の場合

クレジットカードは基本的には職に就いている方でないと審査に通過するのが難しいと言われていますよね。安定した収入があることがクレジットカードの審査においては重要視されていますので安定した収入とは言えない無職の方は審査に通過するのが難しいのは皆さんのご想像の通りでしょう。

審査の甘いクレジットカードについてはこちらへ。
http://cretatsu.com/shinsa/needs-amai.html

ただ無職であってもクレジットカードの申し込みの仕方や種類によっては審査に通過する可能性もあります。無職であってもいくつかの場合分けが出来るということです。今回は場合分けをしてどのような場合は審査に通過する可能性があるのかご紹介します。

■定職では無いものの収入を得ている場合
一般的に職に就いていないことを無職と呼びますが、必ずしも収入が無いわけではありません。例えば資産を運用して少しずつ収入を得ているようなこともありますし、家賃収入などの働いている訳ではないものの収入を得ている場合もあります。
こういった場合はクレジットカードの審査を受けるにあたって申込みの内容に注意すれば大丈夫です。具体的には無職として申し込むのではなく、収入を得ている方法をしっかりと職業として申し込むということです。申込時にはある程度の選択肢も用意されていると思いますし、そうでい場合は自営業として申し込むのが良いでしょう。場合によっては審査の過程でクレジットカード会社から質問が来ることもありますが無職ではなくしっかりと収入を得ていることは説明すれば大丈夫です。

■定職ではなく資産で生活している場合
特に資産運用をしているのではなく、手元にある資産などで生活されている方も居るでしょう。一時的に貯金などを駆使して生活することもあると思います。こういった場合はクレジットカードの審査において非常に不利になってしまいます。クレジットカードは資産よりもどの程度安定して毎月収入があるか、毎月支払いが出来るのかということが重要視されています。そのため毎月の収入が分からないような方にはクレジットカードが発行されにくいのです。
ただ全てのクレジットカードがそういった審査をしている訳ではなく、アメリカン・エキスプレスなど資産面に関する情報を開示することによってそれを踏まえた審査をしてくれるような企業も存在しています。このパターンは非常に少なのですが毎月支払えるほどの資産があるのであれば公的に証明できる書類などを用意すれば審査に通過できることもあります。ただ、無職として申請するのは一般にはよくありませんので何かしら収入を得るようなことをしてみたほうが印象は良くなります。